放課後子ども教室推進事業 | ページ 2 | ほーかごのせんせーの日常

放課後子ども教室推進事業

スポンサーリンク
【必見】保育のコツ

【びっくりするほど勉強する子に!大切なのは○○化!】勉強に自ら取り組む子になるために大切なこと

「宿題やりなさい!!!」唱えても唱えてもこの呪文はなかなか効きません。本当に、勉強しないんだからと子どものせいにしていませんか?しかし、大人である私たちは子どもたちが勉強や学習に取り組みやすいような環境を提供できているでしょうか。今回は、勉強に自ら取り組む子になるために大切なことについて紹介していきます。大切なのは○○化です!
怪我・病気対応

【たんこぶが安心の常識はもう終わり!】「頭部」の怪我と衝撃について

子どもは、頭が重く、体のバランスが取りにくく転倒してしまう事が多いです。転倒した際に頭をぶつけてしまう事もしばしば。頭への衝撃はその時はなんともなくとも数時間後に症状が現れてしまう場合もあります。対応は丁寧かつ慎重に行いたいものです。そこで今回は、「頭部」の怪我と衝撃についてまとめました。「たんこぶ」は実は安心ではありません。これを読んでおけばとっさの時も対応ができると思います。
怪我・病気対応

【最新!今までの常識はもう終わり!】子どもの鼻血に対する対応と処置

鼻血の対応最新情報!ほーかごのせんせーをやっていて対応数ナンバー1とも言える鼻血。実は、鼻血の対応に関しては間違った対応の仕方が出回っているのが事実です。子どもの鼻血は突然やってきます。大人が慌てずしっかりと対処できるようにしっかりと知識を身に付けておきましょう。
【実践】施設運営のコツ

【施設の命運を左右するのはあなた!】最強で最高の補助員の在り方

施設の命運を左右するのは、リーダーの先生ではなく、他の補助員の先生方です!リーダーを支える補助員の先生がしっかりと連携を取りあうことが大切です。今回は、そんなの補助員先生の最強で最高の在り方について考えていきます。放課後の業界でない人もためになる内容になっていると思いますのでぜひ、ご一読下さい。
【必見】保育のコツ

【頑張って!は頑張れない】 子どもに「頑張れ」を言わない教育法

「頑張って!」この言葉ほど多様でき簡単、便利な言葉はありません。そんな「頑張って!」に私たち大人は頼ってしまっていませんか?実は、この「頑張って!」伝える方は軽い気持ちであっても受け止める側は重く捉えてしまう可能性もあります。そこで今回は、子どもに「頑張れ」を言わない教育法について紹介しています。
【実践】施設運営のコツ

【施設運営の核!先頭に立って旗を振れ!】優れたリーダーの意外なスキルと共通点

放課後の施設で欠かせないのがリーダー(責任者)の存在です。リーダーはスーパーマンでいなくてはと思っている方も多いと思いますが実はそんなこともないのです。今回は、そんな優れたリーダーと意外なスキルの共通点にを見ていきたいと思います。
人気おもちゃと簡単遊び

【放課後を楽しくするおすすめおもちゃ】<キャット&チョコレート> 編

放課後の施設で迷いがちなおもちゃ選び・・・。このページではそんなお悩みを解決すべくおすすめのおもちゃを紹介をしていきたいと思います。今回は、「幻冬舎」さんから出されているゲーム、「キャット&チョコレート」を紹介したいと思います。幻冬舎さんだからこそ作れるアタマを使ったカードゲームとなっています。ものすごく面白いゲームですのでご家庭でもおすすめです!
怪我・病気対応

【子どもたちの命を守れ!】アレルギーに関する理解と対応

放課後支援員として必ず必要になってくるのが「アレルギー」に関する知識です。この「アレルギー」によって発症するアナフィラキシーショックは子どもの命をも脅かします。しっかりと理解を深めていき、子どもたちの命を守っていきましょう
怪我・病気対応

【それは医療行為!?】子どもに対してやってあげて良い事とダメな事

実は、ほーかごのせんせーは爪切り一つをとっても進んで行うことは良しとされていません。子どもたちのためにと行ったことでもしっかりと線引きが守れていないと取り返しのつかない事になってしまいます。そんな事にならないためにも、子どもに対してやっても良い事、ダメな事に関して理解が必要です。ぜひ、放課後児童クラブを安心に過ごせる場にしてください。
【必見】保育のコツ

【友達100人なんてすぐできる!!】 子どもの「友達づくり」と信頼関係の築き方

大人になっても人間関係には苦労する場面があるかと思います。子どもにも子どもの社会があり、子どもなりに人間関係について悩むこともあります。今回は、そんな子ども同士の信頼関係の築き方に関して紹介をしていきます。友達100人なんてすぐにできてしまいます。ぜひ、最後までご覧ください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました