【これだけできれば大丈夫!】小学校入学前にできるようにしたい7つのこと(生活編) | ほーかごのせんせーの日常

【これだけできれば大丈夫!】小学校入学前にできるようにしたい7つのこと(生活編)

【これだけできれば大丈夫!】小学校入学前にできるようにしたい7つのこと(生活編) 【必見】保育のコツ
この記事は約8分で読めます。

年長さんのお子さんを持つおとうさん、おかあさんは夏休みが終わると

少しずつ来年の小学校入学を少しずつ意識し始めるのではないでしょうか。

 

長いこと子どもと関わってきている僕ですが

幼稚園から小学校へのステップアップが1番大きな壁であるように思います。

 

「小1プロブレム」などの問題も心配される小学校1年生が

いかにスムーズにステップアップをしていくには「入学前の準備」が鍵となります。

 

今回は、そんな

「小学校入学前にできるようにしたい7つのこと」

について紹介していきたいと思います。

 

今回は「生活編」です。

 

これだけできれば大丈夫です!!!

「生活」

小学校へ入学というと全国のおとうさん、おかあさんが

必ずと言って良いほど気になるのが学習についてだと思います。

 

そのため、様々な市販のドリルなどを買って

自宅学習を徐々に始めるご家庭も多いことと思います。

 

しかし、小学校に入学する前に準備しておきたい

本当に大切なことは学習面ではなく生活面なのです。

 

まずは、生活面がしっかりと

できるようになっていないと小学校での学習面に大きく影響を及ぼします。

 

学習面も気になるところですが

まずは「生活面」の土台を丁寧に親子で作っていきましょう。

 

ここをしっかりと理解しておきましょう。

「小学校入学前」にできるようにしたい7つのこと(生活編)

笑顔で生活する子どもたち

小学校に入学すると自由な活動・遊びを中心とする

幼稚園・保育園の生活とは一変して集団で時間通りに動くという生活へ変化します。

 

その変化についていけないがために

「小1プロブレム」等の問題を引き起こしてしまう可能性もあります。

 

そうならないためにも

「小学校入学前にできるようにしたい7つのこと」(生活編)を紹介していきます。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

「学校からの行き帰り」通学路の確認

登校する男の子

小学校に入学をすると

幼稚園や保育園の時にあったお迎えはありません。

 

必ず、通学路の確認をしておきましょう。

もし、余裕があれば朝、学校に登校する時間と

同じ時間に練習をするとイメージがわきやすいかと思います。

 

危険な箇所や狭い道など

おとうさんやおかあさんと一緒に確認することができるとなお良しです。

 

学校に着いたら、例えば

「小学校に入学したらあの遊具で遊べるんだよ!」

など校庭の遊具や学校についての説明をしてあげて下さい。

 

説明を通して学校が「早く行きたい場所」「楽しい場所」

など良いイメージをつけさせてあげられたら非常に良いです。

 

スムーズな小学校入学の一つのきっかけになると思います。

 

「着替え」がひとりでできるように

たくさんの洋服

小学生は、着替える場面が増えます。

スムーズに着替えができるように練習をしておきましょう。

 

「そんなこと!?」

と思われる方も多いかもしれませんが意外と重要なんです。

 

体育の授業の前に着替えたり、身体測定で着替えたり

水泳の授業で着替えたりと着替えることが多いです。

 

〜着替えを練習する上で大切なポイント〜

①裏返しに脱がないようにする。
②脱いだ服はしっかり畳んで自分の衣服の管理を意識させる。
③自分の服のどこに名前が書いてあるのかを覚えておく。
④ボタンなどは留める練習をしておく。

 

以上のことを注意しながら練習をするととても良いです。

ぜひ、年長さんのうちにマスターしておきましょう!

「もの」の区別と管理

たくさんの文房具

同じ1年生の子どもたちは

放課後児童クラブでも学校でも同じ空間で過ごします。

 

「もの」に関しては、似たようなものを持っているお友達がたくさんいます。

 

実は、この「もの」の区別と管理ができないことによって

思わぬトラブルの引き金になってしまうこともしばしば・・・

自分の「もの」は自分で管理できるようになりましょう。

 

身の回りを整頓する癖付けをしておくことや

片付けやランドセルの整理がしっかりできるように

入学前に練習をしておくと良いかと思います。

 

〜おとうさん、おかあさんにお願いしたいこと〜
給食袋や筆箱、鉛筆やけしごむなどの
小さいものまで大変ですが持ち物全てに名前を書いてあげて下さい。
そして、この持ち物にはここに名前が書いてある
ということを事前に教えておいてあげるとなおのこと良いです。
これをしてあげることによって「もの」の紛失も
少なくなりお友達とのトラブルも必ず減らすことができます。
「あいさつ」と「返事」

走る男の子

「おはよう」「こんにちは」「ありがとう」

そして、「はい!」という返事や受け答え。

これらを自然と言えるようにしておきましょう。

 

この「あいさつ」と「返事」は

子ども同士でも大人に対しても人間関係を円滑に回していくために

とても大きな武器となります。

 

小学校に入学する前から

これができるだけでも人間関係が上手くいきストレスがなくなり

楽しい学校生活を過ごすことができます。

 

そのためにも、家庭内などで

積極的に「あいさつ」「返事」に関して意識をするようにしていきましょう。

 

 

「明日の準備」

鞄の中身

小学生になると毎日同じ教科の勉強を行うわけではなく

明日の時間割を見て教科書を準備してランドセルに入れなくてはなりません。

 

また、教科書以外にも絵具の用具や

体操服、給食セットなど他の持ち物の準備もしなくてはなりません。

 

これまでは、リュックの中の整理や準備を無意識に

おとうさん、おかあさんがやっていたこともあったのではないかと思います。

 

小学生になると持ち物が多くなる分

自分でどの場所に何を入れたのか分からなくなってしまう子が多くいます。

 

年長さんの今がチャンスです!

明日からは、「次の日の準備」をするようにしてみてください。

 

いきなり1人での準備は難しいと思うので

ぜひ、おとうさんおかあさんも一緒に手伝ってあげてください。

早寝早起き!「生活習慣」の習慣化

7:00を指す時計

小学生の朝は結構早いんです!

朝、7時半〜8時前後に家を出る子が多いと思います。

 

朝起きたら顔を洗い

歯磨きをして

朝ごはんを食べて

着替えて

持ち物の最終確認をして

校帽や防犯ブザーを身に付けて

靴をはいて

いってらっしゃい!!!

おおまかにはこのような流れになると思います。

しかし、1年生は靴を履くのにも時間がかかってしまいます。

 

この全ての工程を朝の少ない時間でこなすのは

1年生になってから行うのでは非常に苦労をします。

 

そんな中でも、ゆとりある朝を迎えるためには「早寝早起き」は必須です。

また、「朝の生活習慣」を整えることは体調管理にも繋がります。

 

ぜひ、入学する前に「習慣化」することができるように

おとうさん、おかあさんがサポートをしてあげてください。

 

「時計」を読めるように(上級編!)

時計

最後は、少し上級編!

時計を読めるようになっておくことです。

 

毎年、必ずと言っていいほど時計が読めずに困ってしまう1年生がいます。

もちろん、習っていないので分からないのはしょうがないことです。

 

1年生の算数で「時計の授業」は行うからそれまではいいやではなく

年長さんである今のうちから「時計の読み方」について知っておくと1年生になってからでも

生活面においては苦労する場面が格段と少なくなります。

 

まずは、1時間単位の読み方だけでも良いです。

まずは、多くのご家庭が門限とする5時から覚えると良いかもしれません。

 

短い針が5をさしていて長い針が12をさしていたら「5時」。

と言ったように時計を意識させる生活を入学前から意識させるようにしていきましょう。

まとめ

入学式を迎える男の子

今回は、

「小学校入学前にできるようにしたい7つのこと」(生活編)

について紹介し、まとめていきました。

 

この7つのことですが年長さんのうちに

やっておく場合と1年生になってからやるのとでは大きく差が出ます。

 

学習について心配される保護者の方もいらっしゃると

思いますが、理解して頂きたいことは

「学習面の安定は、生活面の安定しないと難しい」ということです。

 

小学校1年生は、

お子さんとおとうさん、おかあさんとの総力戦です!

お子さんも1年生ですがおとうさん、おかあさんも1年生です。

 

迷うこともあるかもしれません。

 

そんな時には放課後の先生や学校の先生に相談をしてみてください。

力になれるように全力でサポートしますので安心して頂ければと思います。

 

今回のことをぜひ実践して頂きお子さんが

良い小学校生活をスタートさせることができるように心から祈っております!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました