【子どもたちの命を守れ!】アレルギーに関する理解と対応 | ほーかごのせんせーの日常

【子どもたちの命を守れ!】アレルギーに関する理解と対応

【子どもたちの命を守れ!】アレルギーに関する理解と対応 怪我・病気対応
この記事は約5分で読めます。

ほーかごのせんせーとして食物アレルギー等の

「アレルギー」に関する理解と知識は必ず必要です。

 

アレルギーを持つ児童は、近年増加傾向にあり、

アナフィラキシーショックを引き起こす児童も増えてきています。

 

そのため、ほーかごのせんせーを始め

子どもに関わるお仕事をしている方に関しては特に

しっかりとした知識を身に付け理解して頂きたいと思います。

 

 

今回は、そんな放課後の施設にとって

切っても切り離せない「アレルギー」に関して考えていきます。

アレルギーに関する理解と対応

食物アレルギー

ピーナッツ

食物アレルギーは、文字の通り

食物を口にした事により発症をしてしまうアレルギーです。

 

食物アレルギーによる症状
皮膚・・・掻痒感(かゆみ)、じんま疹、血管運動性浮腫、発赤疹、 湿疹
粘膜・・・眼結膜充血、掻痒感(かゆみ)流涙(涙が流れ出る) 眼瞼浮腫(まぶたがむくむ)
消化器・・・悪心(気分が悪くむかむかした感じ)疝痛発作(おへそを中心にしておながか痛くなる)嘔吐、下痢
上気道症状・・・口腔粘膜や咽頭の掻痒感・違和感(イガイガしたいつもと違う感じ)・ 腫脹(はれる) 咽頭喉頭浮腫(のど、のどの奥の方のむくみ) くしゃみ、鼻水、鼻閉(鼻がつまる)
下気道症状・・・咳嗽(せき)・喘鳴(ゼーゼーして息が苦しくなる)・呼吸困難
全身性症状・・・頻脈(脈が早くなる)、血圧低下、活動性低下 (ぐったりする)、意識障害など

引用元:「食物アレルギー対応マニュアル」燕市

 

アレルギーの症状に関しては、上記以外にも

あるとされているので子どもが普段と違う様子がある時には

必ず様子を見るように心がけていきましょう。

 

加工食品による原材料の表示義務と推奨表示について

たくさんの食品

加工食品や添加物に関しては、アレルギーの原因となる

物質が含まれていることがあるため原因食物が

1g中に100万分の数グラムでも含まれる場合には表示の義務又は推奨されています。

 

<義務>必ず表示しなくてはならない原材料(7品目)
    卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに
<推奨>表示が勧められている原材料
    あわび・いか・いくら・オレンジ・カシューナッツ・キウイフルーツ
            牛肉・くるみ・さけ・ごま・さば・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉
    まつたけ・もも・やまいも・りんご・ゼラチン

 

義務付けされている食材については

「特定原材料」といい、重篤なアレルギー症状を

起こしてしまう品目が指定され7大アレルゲンとも呼ばれています。

 

食物アレルギーを引き起こした時の対応

救急車

 

子どもが誤って食べてしまった場合は緊急の対応が必要とされます。

ものの数分で重篤な状態に陥ることもありますのでしっかりと把握しておきましょう。

 

①誤食を発見したら
→大声で他の支援員を呼び、口から食物を吐き出させ、うがい等で口をすすがせる。
②緊急性の有無を判断
→緊急性が無いと判断した場合には安静にできる場所に移動。
→緊急性が有ると判断した場合には、移動をさせない。
③当該児童を1人にさせない
→容態が急変する可能性もあるので当該児童に関しては必ず1人にしない。
④すぐに報告をする
→主任支援員の報告の後、保護者にも必ず連絡を行う。
⑤アナフィラキシーショックが見られたら
→ショック症状が出た場合に関しては、早急にエピペンを打ち救急車を要請。
⑥意識障害が見られたら
→当該児童の足を頭より高くした状態で寝かせ、嘔吐に備え横向きにする。
⑦呼吸が無い場合
→当該児童に反応が無く、呼吸が無ければ、AEDを使用して心配蘇生を行う。
ショック症状が出たらためらわず打ちましょう。
エピペン対応に関しては、少しの躊躇が命取りになってしまいます。

次のセッションでは、エピペンに関して詳しくまとめていきます。

 

必ず知っておきたい!エピペンについて

おもちゃの診療具を持つ女の子

ほーかごのせんせーとして働く以上

エピペンについて知識は必ず必要になります。

しっかりと確認をしておきましょう。

 

エピペンとは

アレルギーによるアナフィラキシーショック時に

使用し、症状の進行を一時的に緩和する補助治療剤です。

 

下記の症状に1つでも該当したら

早急にエピペンをうち救急車を呼びましょう。

エピペンを使用すべき症状

引用元:【公式】「エピペンサイト」

エピペンの使い方

エピペンを打たなくてはならない状況の時、

ほーかごのせんせーとして確実に注射ができるように

使い方をしっかりと頭に叩き込んでおきましょう。

 

エピペンの使い方①・②

エピペンの使い方③・④

引用元:【公式】「エピペンサイト」

 

エピペンには、使用期限もありますのでしっかりと

確認をして保護者の方とも連携をとっていきましょう。

 

抑えておきたい!食物依存性運動誘発アナフィラキシー

芝生を駆け回る少年2人

食べただけでは特段症状を引き起こすことは無いものの

食べた後に運動をする事によって引き起こされる

食物依存性運動誘発アナフィラキシーというものがあります。

 

非常に強いアレルギー症状が短時間に引き起こされます。

症状としては、全身のじんましんやせきこみ

呼吸困難などが現れ進行がとても早いとされています。

 

もし、重篤な症状が出てしまった時には

早急に救急車を呼び迅速に病院へ搬送するなどの対応が必要です。

 

参考:渋谷内科呼吸器クリニックー「運動誘発アナフィラキシー」

まとめ

スマートフォンとノートに必要事項まとめる人

今回は、アレルギーに対する理解と対応についてまとめていきました。

 

救急車を呼ぶタイミングやエピペンを打つタイミングが

少し遅かっただけでも命取りになってしまいます。

 

アレルギーの症状が出てしまった時

その子の命を守れるのは身近にいるあなただけです!

 

 

適切な知識をしっかりと身に付け対応できるようにしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました